ウォレット

まずは簡単にできるYOROIウォレットを作成してみましょう。

Cardano(カルダノ)は、オープンソースかつ分散型のパブリックブロックチェーンプラットフォームです。ADA(エイダ)は、このプラットフォーム上で利用される専用の仮想通貨です。

ADAコインのウォレットについては、ヨロイダイダロスがあります。簡単にいうとヨロイはブロックチェーンのフルデータを持つサーバーへ繋がっている為、フルデータをダウンロードする必要のない手軽なウォレット。
ダイダロスはブロックチェーンの全てのデータ同期し更新しているフルノードウォレットなので、第三者の介入なく安心して使用できるシステムになっています。

両者を比べた場合、手軽でパソコンにあまり負荷をかけないのがヨロイ、少し重いがセキュリティが高いのはダイダロスという感じです。二つを比べた場合はセキュリティが高いのはダイダロスですが、だからといってヨロイのセキュリティが低くて安全に使用できないということではありません。

ここでは、簡単で使いやすいヨロイウォレットを作成したいと思います。

まずは、ヨロイのウェブサイトへアクセス

お使いのパソコンによっては英語表示されることもあるので、その場合は右上のタブで日本語に切り替えられます。

ヨロイ 言語

次に、画面左下にある『ダウンロード』のタブからお使いのブラウザを選んでクリックするとそれぞれのブラウザにあった拡張機能ダウンロード画面へ移動します。ここではGoogle Chrome を使います。またBraveを使用していらっしゃる方はGoogle Chromeの拡張機能が使えます。

画面右上の『Chromeに追加』をクリックすると

Chrome 拡張機能

追加を確認するポップアップ表示があるので、『拡張機能を追加』をクリック

Chrome 追加確認

追加すると以下のように同期するかを聞かれます。同期を希望する場合は『同期を有効にする』を、しない場合はxをクリック。ウォレットをブラウザーバーに表示するには赤丸のアイコンをクリックして、黄色の丸のようにピンをクリックするとブラウザーの右上に表示されます。

ブラウザバーに表示

ブラウザ右上のヨロイアイコンをクリックして、ウォレット作成へ進みます。以下のように英語表示になっている場合は、SELECT YOUR LANGUAGEの下のタブから日本語を選んで下さい。

ヨロイ ウォレット言語

言語変換の後『次へ』をクリックして以下の利用規約に同意

ヨロイ 利用規約

『次へ』をクリック、『簡易な表示』または『詳細な表示』を選択します。設定は後で変更もできるので、好きなほうを選んでOKです。ここでは『簡易な表示』を選びます。

ヨロイ 詳細レベル

支払いURLの設定画面ですが後で設定できますのでここではスキップします。

ヨロイ 支払いURL

今支払いURLは使用できないが、後で設定できるということを確認して『確認』をクリックします。

ヨロイ スキップ確認

『確認』をクリックすると以下にょうなウォレット選択画面になります。ここでは新規作成をするので『ウォレットを作成する』を選びましょう。

ヨロイ ウォレット 選択

通貨はCardanoを選択

ヨロイ 通貨選択

次に以下の画面で『ウォレットを作成する』を選択

ヨロイ ウォレットを作成

ここから名前やパスワードを決めていきます。好きな名前、任意のパスワードを設定して下さい。

ヨロイ ウォレット名前

名前とパスワードを記入したら『ウォレットを作成』をクリックします。以下の画面の注意を読んで、『次へ』をクリックして進みます。

ヨロイ パスワード設定確認

以下にある枠内にいくつか単語が表示されます。それが復元フーズです。復元フレーズは、それだけで、どんな対応デバイスからでも、資産を復元できるものです。他人に知られてしまうと、一瞬にして資産が奪われたり、ウォレットに資産が入った段階で、好きに盗むことが可能になります。また、ご自身でも分からなくなってしまうと、アップデートやその他の要因により、ウォレットが操作出来ない、ローカルに保存されたファイルにアクセス出来なくなった場合など、永久に資産を失います。復元フレーズの喪失や流出は資産の喪失と思って、正確に控え厳重に保管をして下さいね。

ヨロイ 復元フレーズ

『はい、書き留めました』をクリックして次の画面へ進みます。先ほど書き留めたフレーズを同じ順番でクリックしていきます。

ヨロイ 復元 フレーズ 

全て正確にクリックすると以下の画面になりますので、注意をよく読んで2つのチェックボックスをクリックその後確認をクリックして進むと

ヨロイ ウォレット 復元フレーズ 入力後

ウォレットができました!

ヨロイ ウォレット完成